あおい小児科ではパート事務職員さんを募集中

0

    あおい小児科では、現在スタッフを募集しています。
    それなりに忙しい職場ですがチームワークの良い仲間と一緒に、患者さん(赤ちゃんや子ども)と家族のケアをしませんか?

    人と接することが好きであれば是非応募ください。
     

     

    職種:医療事務兼診療補助 
    資格:パソコンで文字入力や操作ができること

    非常勤:週に2日(繁忙期は週3回)
    給与:時給制


    問い合わせ先:kyujin🌀aoi-kodomo.com(注意:🌀は@マークに変更ください)


    業者の方の連絡はご遠慮ください。
    間違って迷惑メールになることもありますので、2日以上返信がない場合はクリニックまで電話をください。

    よろしくお願いいたします。


    各種 書類作成について(所要期間)

    0

      各種診断書でお預かりするものに関しては一定のお時間がかかります。

       

      ・アレルギー関連の書類

      ・入園・入学に関する書類

      ・ワクチン接種歴に関する書類など

       

      おおよそ1週間かかりますので、余裕をもってクリニックまでご依頼ください。

       

      なお、保育園や学校に提出する病気の治癒証明は即日発行します。

      あおい小児科


      初めて当院を受診されるときに

      0

        初めて当院を受診される際に、これまでは順番予約が取れませんでした。

        診察券番号で登録するシステムだったのです。

         

        それを2018年8月より初めての受診でも、順番予約ができるように変更しました。

         

        「予約はこちら」のボタンから進んで頂き、「いますぐ受付」を押し、登録人数を選択後「初めて来院される方」をお選びください。

         

        あおい小児科


        2018年4月より診療体制の変更

        0

          土曜日の診療が混雑してご迷惑をおかけしています。

          このたび大学医局の協力で、土曜日に医師を派遣してもらえることになりました。

           

          4月より土曜日の診療を2診(2人の医師)でおこないます。

          あおい小児科

           

          土曜日は午前のみの診療です。

          都合により1診になることもありますので、このブログで事前に連絡します。


          インフルエンザワクチンの接種終了

          0

            今シーズンはワクチンの供給が滞りご不便おかけしました。なんとかぎりぎり接種を完了させることができたのも、皆様のご協力のおかげです。ありがとうございました。

            さて、今シーズンのインフルエンザワクチン接種は2月4日(土曜)で終了いたしました。

             

            インフルエンザワクチン接種終了:2月4日(土曜)


            風しん注意報発令中

            0
               風しん注意報発令中



              厚労省ホームページから一部転載
              まだまだ風しんの流行が続いています。〜首都圏と関西地方の報告数が特に多くなっています。〜 
              昨年2,392例の報告があり、過去5年間(平成20年〜平成24年)では最も多い報告数となりました。今年は3月末時点で、既に昨年の報告数を上回り、全数報告疾患となった平成20年以降、最も早いペースで報告数が増えています。
              昨年の報告によると、首都圏や近畿地方での報告が多く、患者の7割以上は男性で、うち20代〜40代が8割を占めました。今年も、同様の傾向にあります。
              平成23年度の国の調査では、20〜40代の男性の15%(20代 8%、30代 19%、40代 17%)が風しんへの抗体を持っていませんでした。
              一方、20〜40代の女性の4%が風しんへの抗体を持っておらず、11%では感染予防には不十分である低い抗体価でした。
              抗体を持たない又は低い抗体価の妊娠中の女性が風しんにかかると、赤ちゃんに難聴や心疾患、白内障や緑内障などの障害(先天性風しん症候群)が起こる可能性があります。
              昨年からの流行の影響で、平成24年10月から平成25年5月末までに、10人の先天性風しん症候群の患者が報告されました。
              妊娠中の女性は予防接種が受けられないため、特に流行地域においては、抗体を持たない又は低い抗体価の妊婦の方は、可能な限り人混みを避け、不要不急の外出を控えるようにしてください。また、妊婦の周りにいる方(妊婦の夫、子ども、その他の同居家族等)は、風しんを発症しないように予防に努めて下さい。

              具体的には

              <風しんの定期接種対象者は、予防接種を受けましょう。>
              【風しんの定期予防接種対象者】
              1歳児及び、小学校入学前1年間の幼児は、多くの市区町村において、無料で受けられます。
              目黒区だけでなく、東京23区に住民票のある方は、あおい小児科で受けられます。必ず区発行の予診票を持参ください。

              また、妊婦を守る観点から、
              特に、
               (1) 妊婦の夫、子ども及びその他の同居家族などの、妊婦の周囲の方
               (2) 10代後半から40代の女性(特に、妊娠希望者又は妊娠する可能性の高い方)
               (3) 産褥早期の女性
              のうち、抗体価が十分であると確認できた方以外の方は任意での予防接種を受けることをご検討ください。


              calendar

              S M T W T F S
                    1
              2345678
              9101112131415
              16171819202122
              23242526272829
              3031     
              << December 2018 >>

              selected entries

              categories

              archives

              links

              profile

              書いた記事数:120 最後に更新した日:2018/10/22

              search this site.

              others

              mobile

              qrcode

              powered

              無料ブログ作成サービス JUGEM