気管支ぜん息とは?

0
     気管支は息を吸ったり吐いたりするときの空気の通り道です。
    そして気管支ぜん息は気管支の炎症状態が長期的に続く病気です。
    炎症状態にある気管支は健康な状態に比べてせまく、刺激に対して敏感になっていて、タバコ・運動・感染・アレルゲン・ストレス・天候・大気汚染などの刺激でさらにせまくなります。空気の通り道である気管支がせまくなると呼吸がしにくく、息が苦しくなります。それが「ぜん息発作」です。
    ぜん息には軽いものから重いものまでさまざまな程度があり、その対処方法も異なります。
    あおい小児科では、診断から治療までアレルギー専門医として行っています。正しい治療を続けていけばぜん息は十分にコントロール可能です。うまくコントロールすることで健康な時と変わらず日常生活が遅れ、成長にも問題ありません。

    大切なのは炎症を改善して、気管支の敏感さを減らし、刺激を除去、発作の管理などをすれば悪循環にならず、良い方向にぜん息の状態を向かわせることができます。

    ぜん息を理解し、生活環境をととのえ、薬を正しく使うことが大切です。

    ぜん息は発作時大変苦しい病気です。一方で、発作がないときは、健康な子どもと同様の生活ができます。慢性疾患といっても、糖尿病や高血圧のように、病気の状態がずっと続くのではなく、ぜん息は波のある病気です。しかし成長するにしたがって治っていくことも多い病気ですから、根気よく治療を続けていきましょう。

    あおい小児科では、ぜん息のこのような特徴を考慮して、薬を処方するだけでなく、日ごろから保育園や学校での話を聞いたり、家庭内の状況を把握するように努めています。

    ぜん息の治療は薬による長期治療が基本です。ぜん息を管理し、治療していく主役は患者さんですから、当院にまかせきりにせず、保護者と家族が病気をよく知り、治療に臨んでいくことを忘れずに。

    あおい小児科では、日本アレルギー学会認定 アレルギー専門医である院長が一緒にぜん息の治療・コントロールをしていきます。

    1

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    書いた記事数:117 最後に更新した日:2018/05/28

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM