不活化ポリオ単独ワクチン いよいよ承認

0
     不活化ポリオの単独ワクチン(あおい小児科で採用と同じ「IMOVAX」)がいよいよ承認です。
    まだDPTとの混合ワクチンは承認受けていませんが、秋にはそれぞれ揃うのではないでしょうか?

    但し、DPTワクチンの接種を控えるのは得策ではありません。なるべく早めに(生後3ヶ月から)受けてください。

    一方、ポリオワクチンは悩ましい問題です。秋に新しいタイプ(不活化)が出るなら、待ちたい気持ちはよくわかります。自分の子どもでも悩んだことでしょう。
    しかし原則は『必要なワクチンは、早目に接種』です。
    選択肢の一つとして、当院では輸入して承認受けたものと同じIMOVAXを使用しています。
    価格に面では、個人輸入よりも、承認受けたワクチンの方がもしも高価だと、価格設定のプロセスに疑問ありです。

    そして、多くの地域で春と秋に集団接種している、生(経口)ポリオワクチン接種がこの秋に行われるのか?の情報はまだ無いようです。

    最後に繰り返しになりますが、『必要なワクチンは、早目に接種』です。



    厚生労働省薬事・食品衛生審議会は、サノフィパスツールが今年2月に申請していたポリオ(急性灰白髄炎)の不活化ワクチン「イモバックスポリオ皮下注」の製造販売を承認しても差し支えないとする意見をまとめた。
    早ければ5月中にも正式に承認される。
    同社のワクチンはポリオ単独で用いる。不活化ワクチンはこのほか、ジフテリア、破傷風、百日ぜき(=DPT:あおい小児科注釈)との4種混合ワクチンを2社が承認申請している。


    ワクチンの接種でごくまれに感染し、後遺症が出るため接種を控える動きが広がっているポリオのワクチンについて、より安全性の高い「不活化ワクチン」が国内で初めて承認されることになり、ことしの秋から接種できる見通しとなりました。
    ポリオの予防接種は、7歳までに2回受けることが法律で定められていますが、現在のワクチンは100万人に1.4人の割合でポリオに感染し、手足がまひするなどの後遺症が出ることがあります。
    このため、厚生労働省は、より安全性の高い不活化ワクチンへの切り替えを決めていますが、全国で切り替えを待つ保護者の間で今のワクチンの接種を控える動きが広がっています。来月にも正式に承認されると、ことし秋からは接種できる見通しです。


    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    書いた記事数:120 最後に更新した日:2019/10/26

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM