不活化ポリオ単独ワクチン 9月1日導入決定

0
     4月23日に厚労省で「不活化ポリオワクチンの導入に関する方針について」検討会が開かれました。

    9月1日から現行の生ワクチン接種を止めて、不活化ワクチンに一斉に切り替える方針
    4種混合(DPT3種+不活化ポリオ)ワクチンは、11月ごろから使える見通し が明らかにされました

    私たちは、結局どうするべきか?
    秋までポリオワクチンの接種を待つのは良くない(本人のみならず、集団の免疫が下がるので)
    DPT3種混合ワクチンを待つのは、もっと良くない
    1.DPT3種混合ワクチンは時期が来たら、すぐに接種する
    2−1.春の生ポリオ接種を1回受ける。秋には一斉に切り替えなので、2回目以降は公費の単独ポリオワクチンになる。合計4回
    2−2.不活化ポリオワクチンを取り扱っている医療機関で1-2回受けて、その後公費の単独ワクチンで合計4回まで接種する

    当院の現時点での推奨は、ヒブワクチンや小児用肺炎球菌ワクチン、DPT3種混合ワクチンと不活化ポリオワクチンの組み合わせです。
    あおい小児科で接種している不活化ポリオワクチンは、国内未承認ですが全く同じ製品です。但し補償制度が違いますので、事前に理解してから選択してください。当院資料(ポリオの項目をご覧ください)や他の先生方のホームページを参考にしてください。
    9月は、それでも接種を控えている人や3回目接種で待っている人で現場はかなり混乱するでしょう。あおい小児科で不活化ポリオワクチンを接種している方は、制度の変更に振り回されずにスケジュール通りでやっていきましょう。


    以下は、詳細です
    基本的に現在のDPT3種混合ワクチンのスケジュールで接種するようです。
    対象年齢 :生後3ヶ月〜90ヶ月未満 
    不活化ポリオワクチン(単独・4種混合のいずれも)の接種間隔及び標準的な接種年齢は、現在の3種混合(ジフテリア・百日せき・破傷風)ワクチンと同様とする。 
    標準的な接種年齢としては 
    1期初回接種は、生後3ヶ月〜12ヶ月未満で3回 
    1期追加接種は、初回接種終了後12ヶ月〜18ヶ月未満の1回で計4回 

    しかし、当分の間(3年程度)に限って単独の不活化ポリオワクチンについては、必要な回数(4回以内)の接種をできることとするようです。
    なぜなら3種混合ワクチンの既接種者、生ポリオワクチンの1回既接種者や、国内未承認ワクチンの一部既接種者(あおい小児科での接種者です)がいるからですね。 

    また国内で2種類のワクチンを併用した場合の効果を確かめています
    その結果、良好な効果が得られることが明らかになった場合には、「例外として、接種スケジュールに支障がない場合には、単独の不活化 ポリオワクチンと4種混合ワクチンの併用ができる」ことになりそうです

    生ポリオワクチンを2回接種した者については、追加接種不要とするのは変更なし


    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    書いた記事数:119 最後に更新した日:2019/09/09

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM