ジフテリア・百日咳・破傷風(DPT)と不活化ポリオの4種混合ワクチン

0
    予定通り11月1日から、ジフテリア・百日咳・破傷風(DPT)ワクチンに不活化ポリオワクチンIPV)を加えた4種混合ワクチンが導入されます。
     厚生労働省は9月28日に省令を公布しました。4種混合ワクチンの標準的な接種年齢や接種間隔は現在のDPTワクチンと同様となります。

    <標準的接種スケジュール>
    初回接種は生後3〜12カ月の間に20〜56日までの間隔を置いて3回
    追加接種は初回接種終了後、生後12〜18カ月の間に、初回接種終了後6カ月以上の間隔で1回、接種する。

    ポリオワクチンについては、単独のIPV(商品名イモバックスポリオ)が今年9月から経口弱毒生ポリオワクチン(OPV)に代わって定期接種に導入されています。10月中には化学及血清療法研究所の4種混合ワクチン(クアトロバック皮下注シリンジ)と、阪大微生物病研究会の4種混合ワクチン(テトラビック皮下注シリンジ)が発売される予定です。

    既にDPTワクチン、OPV、単独のIPVのいずれかの接種を開始している乳児について厚労省は、「原則として3種混合ワクチンと単独のIPVの接種を続けてほしい」(結核感染症課予防接種室)とされています。
    「あおい小児科」でも多くの実績に基づくDPTと単独のIPV(イモバックス)での接種継続をもうしばらくお勧めします。

    ちなみに、単独のIPV(ソーク株)と10月に発売される2社の4種混合ワクチン(セービン株)とではワクチン株が異なっており、切り替えると十分な効果が得られないのではないかと指摘されていた点については、国内の臨床研究で問題ないことが明らかになったようです。
    そのため、単独のIPVの接種を始めた乳児が途中から4種混合に切り替えた場合でも、同様の効果が得られると考えられます。

    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    書いた記事数:119 最後に更新した日:2019/09/09

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM