BCG接種の変更 第2弾

0
     2013年4月以降からBCGの法定接種期間が「生後1年以内」に変更。
    これまでは生後6カ月以内でした。 過去記事

    そして、新たに標準接種期間「生後5〜8ヶ月」を設ける
    ・・・BCG接種の副反応が早期接種例で増加している可能性があること、また、生後6ヶ月以内に接種すべきワクチンの種類が増え、ワクチン接種のスケジュール管理が難しくなったことなどから変更

    問題点
    現在、目黒区が主体となり行っている4ヶ月健診とBCG集団接種はセットで同じ日に行っていました。BCGの推奨期間が生後5−8ヶ月のため、4ヶ月健診時にBCGが集団接種出来ないのです。

    ではどうするか?
    BCG接種時期の解決策
    1)推奨期間でないが、生後4ヶ月健診の体制のまま集団接種を行う
    2)集団でなく、個別に医療機関で行う・・・通常のワクチンにくらべ、ひと手間かかるBCGがどこまで出来るか?特殊な接種器具を使うので、これまでBCG接種に携わっていない医師への説明・教育は?
    3)あらたに集団接種の日程を目黒区が設定する・・・行政のスリム化に逆行する??

    先日、目黒区からBCG個別接種に関してアンケートが送られてきました。あまりに参加医療機関が少ないと物理的に接種出来なくなりますが、個別接種に参加する医療機関が確保できれば、2013年4月以降、目黒区では医療機関での個別接種の流れなんでしょうね。多分。
    自治体によってはBCGの個別接種は以前から行われています。また逆に参加医療機関の数が足りずに、個別接種化が出来なかった自治体もあります。つまり、地域の特色が反映されるものであるということです。
    さて、どうなるのでしょう?

    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    書いた記事数:120 最後に更新した日:2019/10/26

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM