小児用肺炎球菌ワクチン  プレベナー13

0
    小児用肺炎球菌ワクチンが2013年11月に変更されました。
    あおい小児科でも定期予防接種でのワクチンは、すでに完全に切り替えられています。

    Q)何が変わったのか?
    A)これまでの小児用肺炎球菌ワクチン「プレベナー」は、7種類のウイルスの型が含まれていました。新しいワクチン「プレベナー13」は、6種類の型が加わり、名前の通り13種類の型が含まれ、より幅広い種類に対応することができます。

    Q)小児用肺炎球菌ワクチン(プレベナー13)で防げる病気
    A)肺炎球菌による敗血症や菌血症(血流感染)、細菌性髄膜炎(脳と脊髄を覆う髄膜の炎症)などです

    Q)「プレベナー13」の接種スケジュールは?
    A)「プレベナー」と同様に、
    生後2か月、4か月、6か月齢に3回の初回免疫接種
    生後12か月〜15か月齢の間に4回目の接種

    Q)既に「プレベナー」を接種を始めている場合は?
    A)接種スケジュールの途中でも「プレベナー13」に切り替えます

    Q)すでにに7種類の「プレベナー」で4回の接種が終わっている場合は?
    A)「プレベナー」に含まれず、「プレベナー13」に含まれる6つのウイルス型に対する免疫獲得を目的とした補助的追加接種が任意接種にて認められています。(定期接種ではなく自費になります)  
    ・・・肺炎球菌による髄膜炎や敗血症などは2歳までが多いこと。それでも5歳程度まで感染リスクがあること。1回余分に接種することでのデメリットは、通常の接種にくらべ増加するものではないことを考慮して接種を決めてください。

    健康なこどもの調査(国立感染症研究所)にて、肺炎球菌を持っている率(保菌率)は、生後4カ月で17.3%、7カ月で27.5%、10カ月で36.2%、1歳6カ月で48.0%、3歳で38.2%でした。一般に肺炎球菌の保菌率は2〜3歳にピークを迎えますが、それ以前の乳児期から保菌は始まっていることが分かります。また、10カ月児の約半数、3歳児の80%近くが少なくとも1度は肺炎球菌を保菌していたも分かっています。集団保育の開始が早いほど、保菌時期が早かったようです。持っていた肺炎球菌の型を見ると、「プレベナー」が47.5%、「プレベナー13」が60.9%に対応(効果あり)していました。

    ワクチン導入前後で髄膜炎の減少率71%、非髄膜炎の減少率52%まで減っています


    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    書いた記事数:120 最後に更新した日:2019/10/26

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM