花粉症

0
     今年の花粉は、量がすごかったですね。花粉アレルギーの方々、まだ花粉はなくなっていませんがピークは過ぎたようです。外来の患者さんもすこし落ち着いてきました。

    ここ数年、子どもの花粉症はありふれており、幼児も花粉に悩まされ低年齢化が進んでいるように感じられます。幼児は訴えをうまく表現できませんから、周囲が気がつくまで時間がかかることがありますよね。
    そこで、花粉症を疑う代表的な症状を記載します。
    1.鼻汁、鼻詰まり
    2.目や鼻をしょっちゅうこする
    3.目の周りが赤くなる、腫れる
    4.くしゃみ
    5.口をもごもごする
    こんな症状が春先から続いていたら要注意です。
    また、血液検査(アレルギー反応)の結果と症状の重さは関連しないことがあるので、多くの場合血液検査は不要です。
    症状が重いと大人も子どもも集中力がそがれますから、生活面、学業面に影響が出ます。
    反面、一部の薬でボウとすることもあるので、薬の選択は専門医にお任せください。

    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    書いた記事数:120 最後に更新した日:2019/10/11

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM