子宮頸がん(HPV)ワクチン まだ再開せず

0
    3月から製品不足のためサーバリックス(子宮頸がんワクチン、HPV)新規の接種が各医療機関でストップしています。

    東京都医師会からの最新情報によりますと
    現在高校1年生は7月10日頃から
    その他の接種対象者(中学生など)は7月20日頃から1回目(初回)の接種開始が可能と考えられています。

    早く正式に決まると良いですね。

    子宮頸がんの原因になる「ヒトパピローマウイルス」(HPV)のうち2種類(16型,18型)の感染を予防するワクチンです。また感染はSEXが原因ですから、いわゆる教育も重要です。

    サーバリックス標準接種方法
    初回、1ヶ月後に2回目、初回の6ヶ月後に3回目の計3回です。

    ワクチンを接種しても20歳になったら子宮がん検診を受けましょう。

    目黒区在住者に対しては
    20歳から子宮がん検診を行っていますし、
    子宮頸がんワクチン(サーバリックス)を公費(無料)で受けられる書類を現在中学1年生から3年生までの方に既に送られています。自宅にない方は、目黒区役所に確認しましょう。

    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    書いた記事数:119 最後に更新した日:2019/09/09

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM