りんご病について

0
    本日の読売新聞に「大人の『リンゴ病』」、4年ぶり流行」という記事が掲載されていました。 そこでりんご病(伝染性紅斑)について少々お話を。 
    りんご病(伝染性紅斑)は例年春から夏にかけて流行が見られるパルボウイルスB19を原因とする疾患で,小児では「りんご病」と表現される両頬の赤み以外には、はっきりとした症状がないことが多いですが、一方成人は顔では目立たず手足のの紅斑や関節痛,高熱など小児より強く症状が出る病気です。 赤みの後、手足にレース状の発疹が現れます。
     発疹が現れる時期では感染力はほとんどなく(なので診断がついた時点での登園は問題ありません)、その前の風邪症状(鼻汁、発熱)の時期は感染力が強いが、区別がつかないので診断は困難です。 
    記事にもありましたが、妊婦さんが感染すると流産など重い病気につながるので「保育園や幼稚園などで(りんご病の)感染者が出た場合は、速やかに保護者に情報提供し、妊婦は居室内に立ち入らせないようにするなど、徹底した対応を取ってほしい」
     
    感染予防はインフルエンザと同じです。
     1手洗い 
     2うがい
     3風邪症状があるときはマスク着用 


     おまけ ・・・ 麻疹(はしか)に似た症状があり、血液検査(IgM抗体)でも麻疹の反応が出ていました。なので麻疹と診断されたケースで、実はりんご病だったということが散発しています。麻疹の証明には別の検査であるRT-PCR法(のどや血液から検査)が望ましいけれど、保険が使えない=クリニックでは検査しないので、保健所で必要時に検査します。h

    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    書いた記事数:128 最後に更新した日:2020/10/02

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM