「神奈川県が不活化ポリオワクチンを使用」とは?

0
    ポリオワクチン:神奈川「不活化」使用へ 集団接種、「生」手控え続出で」「ポリオ不活化ワクチン、神奈川5カ所で接種可能に」「ポリオ不活化ワクチン、神奈川県が独自接種へ」との報道がありました。使用するワクチンはIMOVAXで「あおい小児科」と同じものです

    簡単にまとめてしまうと『接種できる施設が5ヶ所増えた』だけ、他は変わりありません。

    生ワクチン接種を中止にしないので、きっと政治的なメッセージの意味合いが大きいのでしょう。
    いずれにしろ当院のスタンスは変わりません。2013年春の全国導入に向けて、少しでも力になるだけです。

    神奈川県の計画要旨は・・
    神奈川県は希望する県民に不活化ポリオワクチンを接種する
    年内に実施
    県内5ヶ所のみ
    国内では(ワクチンが)未承認のため、健康被害が起きた場合に県としては責任を負わない方針のため同意書を取る。接種費用は自己負担(6000円弱)
    15000-17000人程度を想定

    背景として
    生ワクチンの接種率が全国的に下がっていることがあるのでしょう。


    NHKニュース動画


    読売新聞ニュースでは・・黒岩祐治知事は「ポリオに感染する危険性のあるワクチンをそのまま使っているのはおかしい。国の対応は遅すぎる」と話している。・・そうだ。

    朝日新聞ニュースでは・・・神奈川県で、今年4〜6月にポリオの公的な予防接種を受けた乳幼児は、前年同時期に比べ約1万7千人(21.5%)減った。当面、この1万7千人が接種できる量のワクチンの輸入を目指すという。・・・とのこと。

    毎日新聞ニュースでは・・・全国の医療機関を対象に調査をして・・・今年7月までに「不活化ワクチン」を17000人以上が接種していたそうですが当院には調査なかったですね(小さなクリニックだから?冗談です

    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    書いた記事数:119 最後に更新した日:2019/09/09

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM