BCG接種の変更 第2弾

0
     2013年4月以降からBCGの法定接種期間が「生後1年以内」に変更。
    これまでは生後6カ月以内でした。 過去記事

    そして、新たに標準接種期間「生後5〜8ヶ月」を設ける
    ・・・BCG接種の副反応が早期接種例で増加している可能性があること、また、生後6ヶ月以内に接種すべきワクチンの種類が増え、ワクチン接種のスケジュール管理が難しくなったことなどから変更

    問題点
    現在、目黒区が主体となり行っている4ヶ月健診とBCG集団接種はセットで同じ日に行っていました。BCGの推奨期間が生後5−8ヶ月のため、4ヶ月健診時にBCGが集団接種出来ないのです。

    ではどうするか?
    BCG接種時期の解決策
    1)推奨期間でないが、生後4ヶ月健診の体制のまま集団接種を行う
    2)集団でなく、個別に医療機関で行う・・・通常のワクチンにくらべ、ひと手間かかるBCGがどこまで出来るか?特殊な接種器具を使うので、これまでBCG接種に携わっていない医師への説明・教育は?
    3)あらたに集団接種の日程を目黒区が設定する・・・行政のスリム化に逆行する??

    先日、目黒区からBCG個別接種に関してアンケートが送られてきました。あまりに参加医療機関が少ないと物理的に接種出来なくなりますが、個別接種に参加する医療機関が確保できれば、2013年4月以降、目黒区では医療機関での個別接種の流れなんでしょうね。多分。
    自治体によってはBCGの個別接種は以前から行われています。また逆に参加医療機関の数が足りずに、個別接種化が出来なかった自治体もあります。つまり、地域の特色が反映されるものであるということです。
    さて、どうなるのでしょう?

    ヒブワクチン 追加接種(おおむね1年後)について

    0
      スケジュールが変更になりましたね

      新)初回接種から7-13ヶ月後
      旧)おおむね1年後

      ヒブワクチン(アクトヒブ)の標準的接種スケジュール
      初回接種
      1回目.生後2ヶ月から
      2回目.4-8週後
      3回目.4-8週後

      追加接種
      新)初回接種から7-13ヶ月後 

      最短では生後11カ月で出来る計算になります。
      なので、これまで小児用肺炎球菌ワクチン(プレベナー)と異なった日程でしたが、今後は同じ時期に(同時でも)接種出来ることになります。

      背景
      ヒブワクチンで防ぐことができる細菌性髄膜炎は6ヶ月以降から1歳代で多くかかる病気なので、免疫力を早く高められればより病気も防げます。これまでは発売前の調査(治験)が、おおむね1年後の接種で有効性を確認していたために「おおむね1年後」とされていました。今回、接種間隔が7ヶ月でも有効と確認できたそうなので、変更となったようです。

      ちなみに日本よりずっと早くヒブワクチンを導入していたアメリカでは
      1回目 生後2ヶ月
      2回目 生後3ヶ月
      3回目 生後4カ月
      追加 生後12-15ヶ月となっています。

      ロタウイルスワクチンと授乳の関係

      0
         ロタウイルスワクチンは、口から飲む(経口)ワクチンです。
        なので・・・・接種前後の30分は授乳ができません。


        あおい小児科では、せっかく飲んだ薬を戻してしまわないように、接種の前後30分間は母乳・ミルクなどを我慢してもらいます。 

        飲んだばかりで来院したり、おなかがすごく空いているタイミングは避けてあげてください。

        家を出る少し前に、母乳、ミルクなどを多少飲ませるとちょうどよいでしょう。

        4種混合ワクチン 先週は順調でした

        0
          幸いなことに、先週も4種混合ワクチンの供給は順調でした。

          確実な予約がとれる状況ではありませんが、希望者に接種は可能でした。



          4種混合ワクチン 先週の状況

          0
             前回のブログでご報告しました通り、4種混合ワクチンの供給が不安定になっています。

            あおい小児科の先週の状況を報告します。

            先週は希望者全員に接種出来ました。そして在庫も残っている喜ばしい状況でした。

            はやく供給の心配がなくなるとよいです。


            4種混合ワクチンをご希望の保護者の方へ

            0

              あおい小児科では
              *4種混合ワクチン(DPT+不活化ポリオ)は、予約不要です*
              *入荷が非常に不安定なため、4種混合ワクチンを接種目的で来院されても、万一在庫がない場合はDPT(3種混合)と不活化ポリオワクチン単独の「組合せ」で接種をします*
              *4種混合から「組合せ」に切り替える場合の問診票はクリニックにあります*
              *使用ワクチンを切り替えても、効果に関して問題ないとされていますが、原則同じワクチンを最後まで接種しましょう*


               11月から4種混合ワクチン(DPT-IPV)・(ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ)が接種開始していますが、接種方法に一部変更があります。

              ご注意
              4種混合ワクチン(DPT+不活化ポリオ)の入荷が非常に不安定な状況になっています。
              入荷が確約できないため、予約は不要です。
              4種混合ワクチンの常時在庫を努力しますが、接種予定日に来院された時点で在庫切れの場合は、DPT(3種混合)と不活化ポリオワクチン単独の組合せで接種します。
              そのため医師会と目黒区で協議の結果、医療機関にDPT(3種混合)と不活化ポリオワクチン単独の組合せの問診票を常備することになりました。

               厚生労働省は、「4種混合」と「DPT(3種混合)+不活化ポリオワクチン単独」を切り替えることについて問題ないとしていますが、原則は同じワクチンを最後まで接種することとしています。
              効果の面で、医学的に問題はありません。

              現状で在庫を確約できるのは、DPT(3種混合)と不活化ポリオワクチン単独の組合せなので、最後まで同じワクチンでの接種を強く希望される方は、4種混合ワクチンでなく「組合せ」で接種をスタートさせるのがよいでしょう。
              4種混合は1ヶ所に接種すればよいですが、「組合せ」方式は、針を刺す回数が右腕・左腕の2ヶ所になることがデメリットです。

              ご不便おかけいたしますが、ご協力お願いいたします。




              calendar

              S M T W T F S
                  123
              45678910
              11121314151617
              18192021222324
              25262728   
              << February 2018 >>

              selected entries

              categories

              archives

              links

              profile

              書いた記事数:116 最後に更新した日:2017/12/25

              search this site.

              others

              mobile

              qrcode

              powered

              無料ブログ作成サービス JUGEM