HPV サーバリックス 流通止まる・・接種出来ません・・

0
     昨日から色々なところで、サーバリックスがメーカー在庫少なくなり、新規患者に投与できなくなるとの情報が入っていました。そして本日メーカーから連絡と報告がありました。やはり需要が急増して、2回目と3回目接種の人を優先するため新規患者にはワクチンを供給できないとのことです。
    原因は全国で行われている(目黒区は4月からの予定でしたが・・)自治体による助成・補助金で接種が無料になったため需要が急増したけれど、その量がメーカーの予測を超えていたためこんな事態になりました。それなりに予測できそうなものですけれどね・・・。

    なんと7月末までこのような状況が続くらしいです。

    都立大学駅から徒歩2分の「あおい小児科」でも、新規の接種希望者にはお待ちいただくことになりそうです。
    ワクチンそのものが入荷しないので、サーバリックスはしばらく接種出来ません。

    問い合わせはメーカーまで
    グラクソ・スミスクライン株式会社
    電話(フリーダイアル)0120−561−007
    9:00−18:00 土日祝日及び会社休業日を除く

    サーバリックスは、子宮頚がんの原因になる発がん性HPV(ヒトパピローマウイルス)のうち頻度の多い2種類の感染を防ぐことが出来ます。効果の持続は平均5.9年です。感染(主に性交渉)する前の接種がタイミングとして適しているので中学生等、10代前半の接種を勧めてきました。
    主な副作用
     10%以上 
    かゆみ、注射部位の痛み・腫れ・赤み、胃腸症状(吐き気、下痢、腹痛など)、筋肉の痛み、関節の痛み、頭痛、疲労
     1-10%未満
    発疹、じんましん、注射部のしこり、めまい、発熱、風邪症状
     0.1-1%未満
    注射部位のピリピリ感/ムズムズ感
     多くない頻度
    失神・・ニュース等でご覧になった方もいらっしゃるかもしれません。あおい小児科では、ベッドで横になったまま接種したり、接種後に院内で様子見る等実施していました。
    サーバリックスは当面接種できませんが、他の予防接種の場合は、診察終了時間の30分前までに来院ください。(予約不要)

    院内機器紹介 自動血球計数CRP測定装置

    0
       あおい小児科では、診療に役立てるために院内で炎症反応(CRP)と血球(白血球や赤血球)検査を施行しています。
      機器の名前は「自動血球計数CRP測定装置」と言います。
      1台で血算18項目とCRP濃度の同時測定が可能。簡単操作で迅速な検査結果を提供します。わずかな検体吸引量で院内検査を可能にします。

      クリニックですぐに検査結果が出るので、結果を見てすぐ対応します。測定時間はわずか約240秒。少々待っている間に結果を確認できます。

      わずかな検体吸引量
      わずかな血液量で測定が可能。耳たぶや指先からの微量検体でも検査できます。なので子どもからの採血も安心です。

      必要時には医師から検査の指示をさせていただきます。

      院内紹介ページに機器が紹介されていますので、御覧下さい


      開業いたしました

      0
         みなさまこんにちは!
        あおい小児科の院長、田中です。
        本日より開業させていただきました。
        皆さまと一緒に子どもたちの笑顔あふれる地域になるように頑張りたいと考えていますので、よろしくお願いいたします。



        calendar

        S M T W T F S
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        25262728293031
        << October 2020 >>

        selected entries

        categories

        archives

        links

        profile

        書いた記事数:128 最後に更新した日:2020/10/02

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM